ストーカー対策

ストーカー対策について

ストーカー行為とは、待ち伏せや付きまとい、監視や見張り、無言電話、ファックスの連続送信、交際や面会の強要、動物の死骸や汚物・気分を害するものを送付、性的羞恥心を告げる・文面や図面の送付などをさし、2000年11月24日にストーカー規制法案が施工され、上記に挙げた行為に対して罰則が付加されるようになっています。
このことからも、警察に相談することで、加害者に対して、電話で警告をし、この警告を無視した際には、懲役として1年以下、または罰金(100万以下)に処せられます。
法律に定められているということから、警察へ出向くのも、ひとつのパターンであるといえますが、だからといって安心することができるというわけではないですよね。

ストーカー被害には、証拠もきちんと必要なんです。

ストーカー対策

実際に警察に警告や逮捕をしてもらう際には、どんな人がどういったことをしているのかといったしっかりとした証拠が必要となってきます。
現実的には現行犯がベストなのかもしれませんが、長年の経験をみても、被害がそれなりに大きくなければ、この現行犯として逮捕できるほど、警察に護衛をしてもらうのは難しいようです。
どういったことをされた・されているのか、ということは簡単に判断をし、証拠を集めることもできるかもしれませんが、一体どのような人がやっているのかは自分で判断していますか?
仕事先のお客様かもしれない・・・もしかしたら元彼(元カノ)、元夫(元嫁)かもしれない・・・。
このようにあいまいな状態ですとやはり警察側も、証拠にすることは難しいのです。
このことからもしっかりと、このストーカーが誰によるものなのか、どこで・どのようなことをされたのかといった証拠をきちんと集め、警察に届けだす。ここで初めて、ストーカーの被害を抑えることへつながるといえますよね。

環境的にも、ストーカーから狙われにくくすることを目指す

自分で自分の身をストーカーから守りたいと思うのでしたら、きちんと環境的にもストーカーから狙われにくくするということを目指すのも大切なのです。
特に、こういったストーカーは大半が女性の一人暮らしが被害者だといわれていますが、この際には、女性の一人暮らしではなく、同居人も存在しているようにみられるようにするのも大切なポイントであるといえます。
この対処方法としては、男性の洗濯物を見える位置に干すというのも、効果的な方法のひとつです。
また、元カレ(元カノ)が、合いかぎを持っている場合は、鍵自体を考案してみたり、収集ぎりぎりでゴミを出すようにしてみる。
さらに、できる限り夜道は自分1人で歩かないようにする・・・などなど。
このように、自分でも、環境に対してはそれなりに工夫をすることもできるというわけなのです。

復縁屋会社、別れさせ屋会社では、別れさせ屋(工作)や復縁工作といった、特殊工作を主な業務内容としています。
ストーカーに対しても、友人や恋人、さらには第三者として、ご依頼者様はもちろんのこと、復縁屋会社、別れさせ屋会社スタッフにも危険が生じない範囲で、工作への対応をしています。
この工作は、復縁屋会社、別れさせ屋会社ならではの、別れさせ屋(工作)や復縁工作といった特殊な工作を提供しているからこそできるものであると思うので、もしひとりでお悩みであるのあれば、まずは復縁屋会社、別れさせ屋会社に相談していただけたらなと思います。
ご依頼者様にとにかくベストな方法を一緒に考えてくれることでしょう。

別れさせ屋(工作)・復縁屋・復縁工作検索別れたい:ストーカー対策。